ちゃろの活動記録

近状報告兼オンゲ日記(PSO2:船9)。あとバイク。たまに色々ぶっ飛んでます。忘れたころに更新されます
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ excelでCALENDARTOPせいさく ≫ excelでCALENDAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

excelでCALENDAR

今回はTSさんネタじゃないのです

1月といえばやっぱりあれですよ、あれ。
そうです、カレンダーの時期です!

自分は普段お手洗いに貼ってるやつしかみないんですが
先週、『エクセルでカレンダーが作れるのよ❤』
って先生に教わったので色々調べながら作ってみました

なんとかまとも(?)なものができたのでご紹介ヽ(´ー`)ノ
とてもめんどくさがりなのがわかる内容になってます
これを見ての質問、意見はいつでもどうぞ


本文が大変長くなりそうなので折りたたんでみる

エクセルは2007を使用
画像は1/15に撮りました


四角カレンダー

↓ここA1セル
よく見る形


縦長カレンダー(予定が入れれるよ)

↓ここB1セル
縦長
画像がでかいのはあれなので両方表示倍率を70%にしてます

一つのブックにシートは別にして作りました
四角カレンダーの年と月を変えれば縦長カレンダーのも変わります
いじってる最中に両方変えるのがめんどいと感じた結果です(´・ω・`)


このカレンダーさんのポイントは3点
① 今日の日付が太文字の下線つきで表示される
② 年と月がボタン式(これも入力の手間省くため)
③ 祝日も一応表示される


印刷して使うなら①は全く必要ないですね
自分は資源節約のためこのまま使います
べ、別に印刷がめんどくさいんじゃないんだからね!


こやつを作るのに苦労した点
● 条件付き書式の使い方がイミフ
● 祝日って毎年変わるよね
● MATCH関数?ISERROR関数?なにそれおいしいの?

これらを4時間ほどかけて乗り越えました('A`)
ゼロからのスタートだったとしても長すぎだろ常考
物わかりの悪さに乾杯・・・orz


******************

ここから祝日判定の超簡略化された説明

******************

いろいろHPを見て回ったけど
祝日が毎年変わる=毎年(西暦を変えるためにも)入力必要
とのことで、この労力をいかに省くか考えました

考えた結果
年は四角カレンダーのやつと連動させちゃえばいい
さすがに月は固定だろ・・・
あとは日付だけ変えればいいよね!!
ということで、3枚目のシートがこうなりました

↓ここA1セル
祝日一覧
枠外の西暦/月/日付はDATE関数でこんな感じに↓
=IF(OR(B2="",B4="",C4=""),"",DATE($B$2,B4,C4))
これであとは毎年日付さえ変えればおkです
万が一、月が変わっても入力しなおしたらおk
(左端の一列が見えると見栄えが悪いって時は非表示を使いましょう)

そしてDATE関数の部分を選択して名前ボックスに名前入れたら
条件付き書式を使ってMATCH関数で祝日判定できるということです
例えば名前を"祝日"にしたなら
四角カレンダーの日付の部分をバーっと選択して条件つき書式で、こう。
ca4.jpg
この関数の意味は多分
B6に入ってる日付(この場合2012/1/1)が
"祝日"っていう名前の付いたとこにもいたら
上から何番目か(この場合1番目)教えてあげましょう。
いた場合はもちろんゼロより大きい数字になるので
プレビューどおりに表示しましょう。
っていうことだと思います(適当万歳


縦長カレンダーも日付の部分選択して条件付き書式で同じように。
"元旦"とか"成人の日"の文字は
=IF(ISERROR(VLOOKUP(C5,祝日!$A$4:$D$29,4,0)),"",VLOOKUP(C5,祝日!$A$4:$D$29,4,0))
↑のような関数でなんとかしてみました
意味は、VLOOKUP関数で祝日の名前を探したとき
一致するのがなくてエラーのときは何も表示しない
出なかったら名前を表示。ってな感じです


こんなんが作れちゃうエクセルって本気ですごいね!
これからは敬称つけてエク様って呼ぶことにします(*`・ω・)ゞ
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。